ホーム >> 診療内容 >> ホクロ治療一覧 >> ホクロ除去 <切開>

ホクロ除去 <切開>

治療方法(施術内容・治療について)

  •  ホクロをメスで切開して取り除く方法です。

  • 切開後縫い合わせるためにホクロを中心にしてぼうすい形に皮膚を切り取り縫合します。

  •  縫合した後の切開線はホクロの直径より1.5倍長くなった1本の線になります。

  • シワや皮膚のキメに沿って切開することで手術後1本の線となった傷跡は時間の経過と共にほとんど目立たなくなります。

  • 傷跡の広がりを防ぐために透明な糸で皮膚の中を縫い合わせその後で皮膚の表面を黒い糸で縫いとめます。抜糸するのは黒い糸のみで透明な糸は抜糸しません。

 mole.png

効果

ホクロとなる細胞が深い組織にあっても切開して取り除きますので再発することはまずありません。

色が濃いほどホクロとなる細胞が深い組織に存在していますので、隆起した黒いホクロなどは切開して取り除いた方が再発のリスクは少なくなります。

切開して除去したホクロは病理学検査で組織を調べる事ができます。

デメリット

メスで切開しますので手術直後は傷跡が赤く見えます。

ホクロの直径よりも長い切開線ができます。

鼻先にあるホクロなど部位によっては切開で除去できない場合があります。

皮膚の中で縫い合わせた透明な糸がまれに皮膚の表面に出てくる事があります。

基本情報

施術時間

15分前後  ( ホクロの大きさや個数によります )

麻酔・麻酔方法

局所麻酔

通院日

翌日/抜糸/1ヵ月後

通院回数

3回~5回

抜糸

1週間後  ( 部位や大きさで変わる場合が場合があります )

入浴

シャワー : 当日から ( 患部は濡らさない )
入浴  :  翌日から ( 患部は濡らさず、抜糸まではこすらない )

洗顔・化粧

当日から  ( 患部を避け、こすらない )

ダウンタイム

手術後絆創膏で固定します。

抜糸するまで患部には黒い糸がついています。

注意事項

抜糸するまで患部はこすらずに安静にしてください。      

抜糸後はキズ跡を安静に保ち、広がりを防ぐためにテープで固定をします。

目立たないキズ跡にするために、傷に赤みがあるうちはテープ固定する事をお勧めします。

日焼け止めを使用し傷の部位に紫外線が当たらないように気をつけてください。

料金を見る

よくある質問

徐々にホクロが大きくなっています。取った方が良いでしょうか。

ほとんどの場合は良性のため心配ありませんが、変化が大きいようならホクロが小さいうちに除去した方が傷も小さくてすみます。また、悪性を心配するのであれば切開したホクロの組織を病理検査で調べればわかります。

足の裏のホクロはガンになるかもしれないと聞きました。すぐに取った方が良いでしょうか。

足の裏にできたホクロが全てガンになるとは限りません。大きさや色の変化があれば切開除去してホクロの組織を検査で確認すれば安心でしょう。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ