ホーム >> 診療内容 >> 刺青(イレズミ)除去一覧 >> 刺青(イレズミ)除去<レーザー>

刺青(イレズミ)除去<レーザー>

治療方法(施術内容・治療について)

  •  QスイッチYAGレーザーというレーザー機器を使って刺青・アートメークを除去します。

yag311.jpg

  • このレーザーは刺青除去レーザーとも言われ、レーザー機器の中でも深い組織までレーザー光線が到達して色素に選択的に吸収される特徴を持ったレーザーです。
  •  刺青やアートメークの色素がレーザー光線を吸収して反応を起こし、熱エネルギーで破壊されることで体内で分解吸収されて色が薄くなっていきます。
  • レーザー光線は波長の違いによって、組織まで届く深さや吸収される色素が異なります。そのためQスイッチYAGレーザーで取れる色は黒・青・赤などの刺青で緑や黄色などの色は除去できません。
  • ただし、金属を含んでいる色素はどんな波長のレーザー光線を照射しても取れません。金属を含んだ色素にレーザーを照射すると金属に反応を起こし、黒く変色するだけで色素は除去できません。
  • Qスイッチのついているレーザーは1回に照射される時間が非常に短い10億分の1秒単位で制御されているレーザーです。
  • Qスイッチがついている事により、高出力でターゲットとなる刺青色素だけに反応を起こす事が可能です。
  • 眉やアイラインなど眼の周囲のアートメークを除去する際には、レーザー光線から眼を保護するためのプロテクターをつけてレーザーを照射します。
  •  レーザー光線を正常な組織を壊さずにターゲットとなる刺青色素だけに反応させるには、刺青や肌質に合った適切な波長や照射エネルギー・照射時間で治療しないと有効な刺青・アートメークの除去はできません。
  • 特にアートメークの眉毛やまつ毛などの毛の生えている部位は、毛根にダメージを与えずに色素だけに反応させるようにレーザーを照射しなければなりません。
  •   正常な組織の損傷を最小限にするためには無理なレーザー照射をせずに、ある程度の治療回数が必要です。
  •  レーザー除去の場合は刺青の色素がどの組織( 深さ )まで入っているか目で見て確認しながら除去する事はできません。刺青の色の濃さや深さ、色素の量などでレーザーに対する反応は違い医師の診断と判断力によって結果が大きく左右されます。
  •   また、レーザー照射に対する反応には皮膚などの個人差がありますので、結果にもちがいが出てきます。
  •   痛みに弱い方にはご希望により表面麻酔・局所麻酔を行っております。 
 

tattoo_laser.png

 

  •  色素は反対色の波長を持つレーザー光線を吸収しやすいなど光の性質の違いからレーザー機器によって適応が異なります。
  • メラニンや黒い色素は可視光線であればどんな波長でも吸収しやすいといわれています。
 

効果

レーザー除去は他の刺青除去方法に比べ1回の治療時間が短く、数分~数十分で治療できる方法です。

色の薄いアートメークや薄い墨だけの刺青ならば1回のレーザー治療で除去できるケースもあります。

無理に1回で除去しようとせずに、時間に余裕をもって定期的にレーザー治療をすれば、ほとんど傷を残さずに少しづつ刺青やアートメークを除去することが可能です。

アートメークに失敗した方や好みが変わりデザインを変えたいなどの部分的な除去も可能です。

薄いスジ彫りの刺青ならばレーザー除去を試されると良いでしょう。

デメリット

1回の治療で刺青やアートメークを完全に除去できるケースは少ないので、レーザー除去の場合は治療が終わるまでに時間がかかります。

レーザーを照射する間隔が最短で1ヶ月~数ヶ月、照射回数が数回~数十回と多数の治療回数が必要になるケースは治療が終了するまでに早くても数ヶ月、数年かかる場合もあります。

炎症後の色素沈着があるうちにレーザーを照射するとメラニン細胞をターゲットとしてしまうため、白く色が抜けた状態のキズ跡になり、結果的に刺青の模様が白く浮き上がった様なキズ跡になることがあります。

正常な組織を壊してしまったり、毛根にダメージを与えてしまうとキズ跡になったり、発毛しなくなる事があります。

レーザー除去では金属が含まれた色素は変色するだけで除去できません。
アートメークを修正するためや刺青を消すためなどに入れる肌色の色素は酸化チタンを含んでいますのでレーザーを照射すると黒く変色してしまいます。

QスイッチYAGレーザーは赤い色素にも有効な波長を持つレーザーですが、赤い色素にも酸化鉄などを含んだ色素があり、金属を含んだ赤い色素はレーザーでは除去できません。

唇のアートメークや刺青の赤い色は、色素に金属が含まれていない場合に限り除去が可能となります。

基本情報

施術時間

3分~  ( 刺青の大きさによって異なります )

麻酔・麻酔方法

表面麻酔or局所麻酔

通院日

2週間後/1ヵ月後  ( 状態によります )

通院回数

2回~5回  ( 照射後の通院 )
2回~数十回  ( レザーの照射回数 ) 

抜糸

ありません

入浴

シャワー : 当日から  ( 患部はこすらないように )
入浴  :  翌日から  ( 患部はこすらないように )

洗顔・化粧

洗顔 : 当日から  ( 患部はこすらないよう )
化粧 : 当日から  ( 患部は避ける )

ダウンタイム

レーザー照射後1週間~2週間で表皮が脱落します。

その後、炎症による茶色い色素沈着が数週間~数ヶ月続きますが、時間の経過と共に落ち着いてきます。

患部をこすらなければ、特に制限はありません

注意事項

自然に表皮が脱落するまでは、急激な脱落を防ぐために
可能な場所はガーゼや絆創膏でカバーした方が良いでしょう。

シャワーや入浴許可が出ても患部はこすらないで下さい。

料金を見る

よくある質問

最近は色のついた刺青もレーザーで除去できると聞いたのですが、どんな色の刺青でも除去できますか。

刺青に使用される色素はさまざまで、特に赤い色などは金属が含まれている場合がほとんどです。金属が含まれた色素の刺青にレーザーを照射しても、黒く変色するだけで刺青は除去できません。
最近では有機物の色素を使った刺青もあるようですが、植物由来色素など金属が含まれていない色素の刺青ならばカラフルな色でもレーザーで除去できる場合があるでしょう。

レーザーで刺青を除去すると、治療が終わるまでにどの位の期間が必要ですか。

1回の照射で刺青除去できるケースはほとんどありません。
刺青の状態によって照射回数はかなり違いますが、薄い刺青でも数回 色の濃い刺青ならば数十回は必要でしょう。
2ヶ月間隔で照射しても、1年で照射できる回数は6回になります。コンスタントにレーザー治療ができても数ヶ月~数年はかかります。

アイラインのアートメークを除去した直後はどうなりますか。また、除去したあと新しくアートメークはできますか。

レーザーを照射すると、皮フの中の組織も炎症を起こします。上まぶたは特に腫れやすい部位なので、個人差はありますが2・3日~1週間位は腫れることがあります。
再度アートメークを入れる場合は炎症が落ち着けば特に問題ありませんが、皮フの中の組織が回復するまでにはある程度時間がかかりますので、少なくても半年は待ってからの方が良いでしょう。

レーザーはどの位の間隔で照射できますか

レーザー照射後に刺青の色が分解吸収されるまでは数ヶ月かかります。
刺青除去の患者さんは短時間に除去することを希望される方が多いのですが、1ヶ月以上は間隔を開けた方が良いでしょう。

脱毛のレーザー治療を受けた時に痛みを我慢した経験があります。同じように痛いですか。

刺青除去に使用するQスイッチYAGレーザーは波長の性質上熱が発生しにくいレーザーなので、脱毛のレーザーに比べて照射の際の痛みは少ないレーザーですが、照射中はチリチリとした感覚が続きます。
当院では痛みに弱い方には麻酔を行ってからレーザーを照射しますので、ほとんど痛みを感じることなく治療ができます。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ