ホーム >> 診療内容 >> 鼻の美容整形一覧 >> 隆鼻術 プロテーゼ

隆鼻術 プロテーゼ

治療方法(施術内容・治療について)

nose_prothesis1.png

  • 日本人は西洋人と比べると低く短い鼻といえあれています。現在日本での鼻の美容手術のほとんどが隆鼻術で、その中でもプロテーゼによる手術は長年行われている方法です。
  • 低い鼻に形と大きさや高さを合わせたプロテーゼを挿入することで鼻筋を通し、スッキリとした高い鼻にします。
  • シリコンプロテーゼとは外科手術でも用いられる人工軟骨のことで、隆鼻用のプロテーゼは I 字型やL字型をしたものが主に使われています。
  • 現在のシリコンプロテーゼは、生涯体内に入っていても変質せず安全な材質でできているので安心して手術を受けていただけます。
  •  鼻の穴を数ミリ切開し、骨膜を剥離してから鼻用のシリコンプロテーゼを骨膜下へ挿入し縫い合わせます。
  • 術後は数日間テープ固定をしていただきます。傷跡は数ミリと小さく、鼻の穴の中なので見える心配はありません。
  • 高くしすぎると鼻筋がつっぱり不自然さを伴う可能性があります。また、鼻先の皮膚に負荷がかかるほど高くすると年月が経つにつれて皮膚が薄くなってきますので、自然な高さのプロテーゼを使用し手術することをお勧めします。nose_prothesis2.png

 

効果

鼻筋を通し、高い鼻になることで目鼻立ちのハッキリした顔に変わります。

プロテーゼの挿入は比較的簡単で、自然な仕上がりです。また、高さや大きさがある程度自由に選択でき、気に入らなかった場合は取り出して元に戻すことが可能です。

プロテーゼは体内に吸収されることなく、永久的に体内に残りますので一度手術をすれば定期的に通院する必要はありません。

傷跡も鼻の穴の中なので見えることもなく、他人に気付かれることもありません。

デメリット

適正な大きさや厚さのプロテーゼで手術をせずに高くしすぎると、プロテーゼが露出する可能性があります。

身体にとっては異物であり、長年挿入していると、稀に石灰沈着が起こる事があります。

本人が気にして動かしたり、正しい位置に挿入されてなかったりするとプロテーゼの偏りが目立つことがあります。

高くしすぎると鼻筋がつっぱり、他の部分と皮膚感に違いが出たりバランスが悪いなど、不自然さを伴う可能性があります。

基本情報

施術時間

1時間

麻酔・麻酔方法

局所麻酔

通院日

翌日/1週間後/経過診察

通院回数

2~4回

抜糸

1週間後

入浴

シャワー  :  当日 (患部を濡らさないよう)
 入浴   :   翌日 (患部は濡らさないよう) 身体が温まらない程度に済ませる。

洗顔・化粧

洗顔  :  顔を拭く程度 (患部を濡らしたり触らないよう)
化粧  :  医師に指示によります

ダウンタイム

数日間は鼻のつけ根に腫れが見られ、目元まで及ぶことがありますが1週間ほどで落ち着いてきます。

手術後数日間はテープ固定が必要になります。

内出血が出た場合は7日から14日くらいで治まり徐々に消えていきます。

ダウンタイム時はマスクや帽子で視線を避ければ、気付かれることはないでしょう。

注意事項

手術後1週間過ぎても赤みや腫れ、痛みが引かない時には感染の恐れがありますので早めに医師にご相談ください。

手術後に入浴など血流を促進する行為は、腫れを誘発し治りが遅くなる場合があります。激しい運動もしばらくは避けてください。

鼻へ負担がかかることは避け、プロテーゼが固定されるまではマッサージも控えてください。

感染により皮膚が赤みを帯びたり圧力がかかりすぎて皮膚が薄くなった状態を放置しているとプロテーゼが露出する事があります。このような場合はプロテーゼを取り出し、症状が落ち着いてから再挿入した方が良いでしょう。


料金を見る

よくある質問

プロテーゼはレントゲンに写りますか

はい。プロテーゼはレントゲンに写ります。

手術後、鼻をかむことはできますか

手術直後プロテーゼが定着するまでの数日間は出てきた鼻水を拭く程度にし、強く鼻をかまない方が良いでしょう。

プロテーゼはブラックライトの光で白く見えると聞きますが・・・・

プロテーゼ自体は白いのでブラックライトに反応しますが、骨膜の上の深い部分に挿入しますので透けて見えることもありませんし、光る心配もありません。
ただし、プロテーゼを間違った深さに挿入したり、皮膚が薄い人へ大きなプロテーゼを挿入するなど皮膚の表面近くにプロテーゼがあると、光って見える可能性があります。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ