ホーム >> 診療内容 >> シワ治療一覧 >> コラーゲン注入

コラーゲン注入

治療方法(施術内容・治療について)

■コラーゲンとは?
  • コラーゲンとは体内の細胞と細胞をつないでいる、いわば接着剤のような働きをしているタンパク質のひとつです。主に皮フや骨などに含まれ、身体全体の30%をコラーゲンが占めています。
  • 細胞は足場がないと生きていけません。その足場になっているのが 「コラーゲン」 なのです。特に皮フの真皮層には70%と多くのコラーゲンがびっしりとつまっており、肌の弾力を保っています。wrinkle_skin.png
  • コラーゲンは赤ちゃんの時に一番多く、加齢や紫外線からのダメージを受けることで体内のコラーゲン生成が遅くなり、肌の弾力が奪われシワやたるみが出現します。
  • 飲料やサプリメントでコラーゲンを多く摂取しても、一定量を超えてしまうと体内で分解し体外へ排出してしまうので、むやみにコラーゲンを取りすぎても美肌効果には限界があるといえます。

 

■ウシコラーゲンの特徴

  • 現在、治療に使われるウシコラーゲンは日本のメーカーで製造されているアテロコラーゲンだけになります。
  • アテロコラーゲンは仔牛の皮フから抽出したコラーゲン製剤で、日本で最初に厚生労働省から認可されたコラーゲンです。承認後30年以上治療に使用され、現在も日本で認可されているコラーゲンは日本製のアテロコラーゲンしかありません。
  • アテロコラーゲンは牛由来のコラーゲンのため、アレルギーの既往歴に関係なく約3%の人に陽性反応(発赤・腫脹・かゆみなどのアレルギー症状)を起こします。そのため、注入する前には必ず皮内テストが必要となり、4週間ほど経過を診てから治療します。
  • アレルギーの有無を確かめるため、皮内テストは腕に2回行います。1回目にアレルギーの陽性反応が見られなくても2回目のテストで顕著に現れるケースもあり、製造メーカーも2回のテストを推奨しています。
  • テスト後数日で現れる強陽性の反応はテスト部位が赤く蚊に刺されたように膨らんでシコリになります。また、遅延反応と言って数日だけ赤くなったり、数時間だけ赤くなるなど良く観察しないと見落とすことがあるくらいの弱い反応もあります。

wrinkle_graph05.jpgのサムネール画像のサムネール画像

  • アテロコラーゲンは皮膚の薄い目の下や小じわに使用できる低い濃度から、厚い皮膚に対応できる高い濃度まで4種類のコラーゲンが揃っています。
  • アテロコラーゲンの低濃度は、他にはない濃度なので、皮膚の薄い目の下のシワや浅いシワなどに最適なコラーゲンです。wrinkle_collagen.png
  • 特に涙袋を作る時は不自然に膨らみ過ぎず、自然な涙袋に仕上がります。
  • コラーゲンは元々体内にあるタンパク質なので、外から注入しても体内にあるタンパク質と結びつきやすいため、仕上がりが自然で違和感がありません。
  • コラーゲンは注入直後から注入剤に含まれる水分が減少するため、ベストな仕上がりになるよう、やや盛り上げ気味に注入します。

 

効果

ウシコラーゲンは30年以上使用されていますので、アレルギーテストを行うことで高い安全性が得られます。

人に気づかれずにシワ治療をしたい人や顔にメスを入れずに若返りたい方にお勧めです。

注入剤の濃度や個人差により持続期間は異なりますが、約6ヶ月~1年くらいの効果です。

注入剤の濃度が幅広いため、細かいシワから深いシワまで対応可能です。シワ以外にも外傷性の凹みや手術痕などにも有効とされています。

シワに直接注入するのでボリュームを出さずに治療することができます。

体内のコラーゲンと結びつくため、違和感のない仕上がりです。特に目の周囲にはとても相性がよく、目の下などの薄い皮フに注入しても自然になじんでくれます。

定期的に注入することでシワの進行を遅らせることができます。

デメリット

ウシコラーゲンは皮内テストで4週間ほど経過観察が必要なため、すぐに治療ができません。
シワに注入できるまで最短でも4週間の時間が必要になります。

ウシコラーゲンに陽性反応を起こした場合、ウシコラーゲンは使用できません。
陽性反応の人に注入するとコラーゲンが吸収分解されてなくなるまで、半年~1年半ほどの間注入部位が赤く腫れるなどの症状が続きます。

コラーゲンの濃度が高くなるにつれ持続効果は長くなりますが、仕上がりがキレイとはいえません。ご自身の皮膚にあった濃度を使用することが大事です

まれに、注入部位が白く浮き出ることがあります。いずれ吸収され目立たなくなりますが、気になるようであれば白く浮き出た部分のまわりに低濃度のコラーゲンを入れてあげることで解消します。

皮フのたるみが大きいと注入だけでは対応できない場合があります。
また、シワの状態によっては脂肪注入やヒアルロン酸注入の方が良い場合があります。

コラーゲンを注入すると体内で自然に分解されるまで元に戻すことはできません。

征矢野が語るコラーゲン注入の極意

基本情報

施術時間

15分前後 (注入部位・範囲によります)

麻酔・麻酔方法

表面麻酔or神経ブロック麻酔

通院日

皮内テスト/再テスト/注入/補正チェック
(補正チェック期間を1ヵ月間設けております。部位請負制で治療されている方は、期間内は何回でも同部位への補正注入が再診料で受けられます)

通院回数

3回~

抜糸

ありません

入浴

当日から

洗顔・化粧

当日から
( 注入後30分で化粧パウダーの使用が可能です。通常のメイクは3時間後に行えます )

ダウンタイム

注入後赤みのある針跡が数日続く場合がありますが、メイクで隠せる程度です。

稀に内出血が起きる場合もありますが、2週間程度で徐々に消えていきます。

注意事項

注入部位を強くこすったり、マッサージを行ったりするとコラーゲンの吸収が早まることがありますので、注入後のマッサージは数日間控えたほうが良いでしょう。

ウシコラーゲンは約3%の人がアレルギー反応を起こすため事前に皮内テストが必要です。

注入直後の針跡が気になるようであれば、お帰りの際にはマスク、メガネの着用をお勧めします。

注入した部位はなるべく直射日光を避けて、日焼け止めをご使用ください。

料金を見る

よくある質問

ヒアルロン酸とコラーゲンはどう違うのですか。

ウシコラーゲンもヒアルロン酸も同じ吸収性の注入剤ですが、それぞれ異なる特性があります。
ウシコラーゲンは皮内テストをクリアするまでに4週間の経過観察が必要ですが、自然で違和感のない仕上がりです。それに比べて、ヒアルロン酸はテストいらずで当日注入ができる反面、感触や色味に違和感を感じる場合があります。どちらもメリット、デメリットがあるので上手く使い分けることがベストでしょう。

人間に牛のコラーゲンを使っても平気なのでしょうか。

注入に使用されるウシコラーゲンは隔離された仔牛の皮フから抽出し、不純物を取り除いた純粋で均一なコラーゲンです。
医療では縫合糸やカプセルなども牛から作られているものもあり、人体に使用しても特に問題はありませんが、内臓などで利用される場合と違い皮フの浅いところに使用するため、アレルギーの反応が目立ちやすくなります。
シワ治療の場合は美容目的で使用するため、陽性反応を避けるための皮内テストが重要といえます。

妊娠中にシワの注入治療を受けられますか

妊娠中、授乳中時の治療はコラーゲンのほかヒアルロン酸、ボトックス全てにおいて治療の安全性が試験により確認されていないため、その期間は避けて治療を受けられることをお勧めします。

痛みはありますか。

痛みに弱い方には表面麻酔を行っています。
表面麻酔はクリーム状の塗るタイプと貼るタイプがあり、注入する30分前からつけておくとほとんど痛みが軽減され、楽に治療を受けることができます。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ