ホーム >> 診療内容 >> タルミ治療一覧 >> 上瞼たるみ取り/下瞼たるみ取り

上瞼たるみ取り/下瞼たるみ取り

治療方法(施術内容・治療について)

< 上瞼たるみ取り >

  •  老化と共に目の上の皮膚がたるみ、やがてはまつ毛に皮膚がかぶってくるようになると、視界が狭くなることもあります。
  •  特に目尻側が顕著に現れ、目の形が三角形に近づいてきます。
  •  上瞼たるみ取りは目の上のたるんでだぶついた皮膚を切開して取り除く手術です。eye_top_resection.png
  • 元々まぶたにあるラインの上を切開して余った皮膚を切除します。 
  • 老化による皮膚のたるみだけではなく眼瞼挙筋(目を開ける筋肉)が弱くなっているケースもあるため、上瞼たるみ取りの手術と同時に開眼しやすくなる手術を行う方が良い場合もあります。
  •  逆に、軽度なたるみの場合は埋没法で対応できるケースもありますeye_top_tarumi.png

 

< 下瞼たるみ取り >

  • 目の下の皮膚がたるみクマのようになった皮膚を切り取りスッキリさせる方法です。  
  •  まつ毛ギリギリのラインを切開して、たるんで余った皮膚を取り除きますeye_under_resection.png
  •  下瞼のたるみにはいくつかのタイプがあり、状態によっては他の手術との併用が必要なケースや、たるみ取り以外の方法が適している場合があります。eye_under_tarumi.png

効果

< 上瞼たるみ取り >

目の上の皮膚がかぶって視界が狭くなると、物が見づらくなり肩こりや頭痛の原因になることがあります。たるみを取ることで目の上がスッキリしてそれらの症状が改善されるケースもあります

目の上に皮膚がかぶった状態は眠たそうでぼやけた印象になります。上瞼たるみ取りの手術で目がスッキリすると顔の印象もハッキリします。


< 下瞼たるみ取り >

目の下の皮膚がダブついてたるんでいると、疲れて見え老けた印象になります。下瞼たるみ取りの手術をすることで皮膚にハリが戻り若返ります。

目の下の皮膚は治りが早く、多くの人はほとんど傷あとがわからなくなります。

手術で目の下の皮膚にハリが戻るとシワも改善されます。

デメリット

< 上瞼たるみ取り >

元々あるラインの上を切開するため二重の幅は変わりません。

術後の腫れがあるうちは二重の皮膚が重なる部分に厚みが出ます。

眼瞼挙筋(目を開ける筋肉)が弱くなったために起こるまぶたの下垂は、上瞼たるみ取りの手術だけでは改善できないケースがあります。その場合眼瞼挙筋短縮の手術が必要になります。

手術をしても永久的に降下を維持することはできません。老化と共にまぶたは徐々に下垂してきます。


< 下瞼たるみ取り >

皮膚を切除しすぎると「アカンベー」をした時のようにまぶたが下に引っ張られ外反することがあります。

下まぶたが外反すると、目を閉じても完全に目を閉じることができず、うっすら目を開けた状態になります。

余剰皮膚が少なく線のシワが多い場合は手術よりもシワ取り注入(コラーゲン・ヒアルロン酸)が適しているケースもあります。

また脂肪で膨らんだたるみの場合は、脂肪除去などの手術を併用しなければ改善できないこともあります。

基本情報

施術時間

1時間

麻酔・麻酔方法

局所麻酔

通院日

翌日/抜糸時/1ヵ月後

通院回数

3回~5回(状態によります)

抜糸

1週間後

入浴

シャワー : 当日から(患部は濡らさない)
入浴 : 当日から(患部は濡らさない)

洗顔・化粧

洗顔 : 翌日(診察後) 患部はこすらずに洗い流すだけ
化粧 : 当日(患部は避けて)アイメークは抜糸後から

ダウンタイム

上瞼は腫れが目立ちやすく個人差もありますが、大きな腫れは3日~1週間くらいです。

稀に内出血が起きた場合でも2週間位で治まります。

抜糸後の傷の赤みは徐々におさまりますが、上瞼はアイメークでカバーすればわからない程度です。目の下は抜糸をすればほとんど目立ちません。

抜糸までは黒い糸がついていますので外出時は眼鏡をかけることをお勧めします。

注意事項

糸を引っ張ると傷になる事がありますので、抜糸までは患部に触れないように気をつけてください。

長時間の入浴や運動は血流を促進するため、術後の炎症が長引きます。腫れがひかない原因となりますので抜糸までは控えた方が無難です。

コンタクトの装着は抜糸まで控え眼鏡にしてください。

料金を見る

よくある質問

下瞼たるみ取りの手術が適応となるのはどんな場合ですか。

目の下のたるみはいくつかのタイプがあります。それぞれの状態に合わせて治療を行う必要があります。

〔 ちりめんシワや線が出ているシワっぽいたるみ 〕
    ●コラーゲン注入 ●ヒアルロン酸注入 など

〔 皮膚がダブついているたるみ 〕
    ●下瞼たるみ取り

〔 目の下が膨らんでいるたるみ 〕
    ●脂肪除去 ●下瞼たるみ+脂肪除去 ●下瞼たるみ+注入 など

目の下のたるみ取りは失敗すると「アカンベー」の顔になると聞きましたが本当ですか。

目の下の皮膚を切除しすぎると、まぶたが下に引っ張られて外反した(アカンベー)状態になることがあります。また、皮膚の余りが少ないのに手術をした場合でも同じ事がいえます。
高い効果を望む場合は、若干まつ毛が外を向くくらいに切除することがありますが、多少の外反は時間の経過で治まります。

手術で切らないと目の上のたるみは取れないですか。

状態によりますが軽度なたるみの場合は切らないで対応できることもあります。
現在のまぶたのラインよりも幅の広い所に埋没法で二重を作ると、折り重なる皮膚が減り結果的にたるみが改善したように見えます。

目の上のたるみ取りの手術をすると、一重の目は二重になりますか。

上瞼たるみ取りは折り重なっている余分な皮フ(たるみ)を取る手術です。
折り重なっているまぶたに元々あるラインを切開しますので、二重になることはありません。
しかし、一重のラインより上のラインで切開すると二重になります。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ