多汗症治療

治療方法(施術内容・治療について)

  • 現在の標準的な多汗症治療は、薬剤を使って強制的に発汗作用を止める治療です。
  • ボツリヌス毒素(ボトックス)という薬剤を患部に注射することで、発汗を抑制することができます。
  • 以前は外科的手術を行っていましたが、ボトックス注射で行う治療はダウンタイムがほとんどなく、治療後すぐに普段と同じ生活ができるため、多汗症の治療は現在、ボトックス注射が主流となっています。
  • 多汗症の発汗のメカニズムは、視床下部の指令が交感神経の末端に届くとアセチルコリンという神経伝達物質が放出され、そのアセチルコリンがエクリン汗腺の受容細胞と結合すると発汗が促されてその結果汗が出ます。
     
  • ボトックスは神経末端に結合してアセチルコリンの放出をブロックする作用があります。発汗を促すためのアセチルコリンがブロックされることで、発汗が抑制されることになります。

効果

ボトックスを注射することで、強制的にエクリン汗腺からの汗を止めることができまので、温熱性、精神性など確実に汗を抑制することができます。

効果の持続期間は3ヵ月~半年と言われていますが個人差が大きく1年以上効果が続く方もいらっしゃいます。

通常は効果が切れると汗が出るようになり多汗症の症状が現れてきますが、気になったら再度ボトックスを注射することでいつでも汗を止めることができます。

デメリット

6ヵ月くらいでボトックスが神経端末から外れると発汗の抑制力が無くなります。そのため、一度の治療で永久的な効果が得られることはありません。

効果を持続させるためには、定期的な治療が必要です。

腋臭症タイプのアポクリン腺から出る汗はボトックスでは止めることはできません。そのためワキだけの部位に限らず、人によっては思ったほどの効果が出ない場合もあります。

また、ボトックスは筋肉の動きを抑制する作用もあるため、特に手のひらの治療後は違和感が強く、動かしずらい動作が出てきます。ピアニストや手を使って細かい作業をする方には向かない場合もあります。

ボトックスを注射する際、手のひら、足の裏は感覚神経が敏感なため、他の部位に比べ痛みを強く感じます。

最近は痛みを軽減できる器械を使って注入する方法が出てきました。器械の治療は針を使わず圧力を使い一瞬でボトックスを皮膚の中へ注入するため痛みが少ないようです。

基本情報

施術時間

30分

麻酔・麻酔方法

表面麻酔 or 神経ブロック麻酔

通院日

注入/補正(補正チェック期間を1か月設けております。期間内であれば再診料で追加注入が可能です)

通院回数

2~3回

抜糸

ありません

入浴

当日から

洗顔・化粧

当日から

ダウンタイム

手のひらや足の裏は治療後しばらく違和感が出ることがります。

針痕はほとんど目立ちませんが、稀に内出血が出る場合がありますが、1~2週間で消えていきます。

注意事項

施術当日は患部を安静に。強くこすったりマッサージは数日控えてください。

感染予防ため、ハンドクリームや液状のものは数時間経過してからご使用ください。

料金を見る

よくある質問

手のひらの注射はすごく痛いと聞きましたが、麻酔をしてから治療してもらえますか

手のひらや足の裏は痛みに敏感な場所のため、麻酔をせずに針を刺すことは苦痛を伴いますので、必ず麻酔をしてから治療を行います。
手のひらや足の裏は皮膚が厚いため、表面麻酔では痛みを十分に抑えることができません。当院では神経ブロック麻酔を推奨しています。
刺激神経や感覚神経などを麻痺させる神経ブロック麻酔をすることで痛みを感じることなく治療を受けることができます。

足の裏に汗をかく場合は、どこにボトックスを注射するのですか

発汗を止めるためには、汗が出る場所に直接注射をします。手のひらはの場合は手のひらに、足の裏も足の裏の汗が出ている場所を確認し、その場所に注射をします。

ワキの汗を止めると、他からの汗が増えると聞きましたが本当ですか

ボトックス注射を打った(薬剤が浸透した)場所しか効果がありません。注射を打っていない周りからは変わらずに発汗するため、汗をかかない場所と汗をかく場所の対比で汗が増えたと感じる方もいらっしゃるようです。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ
多汗症