ホーム >> 診療内容 >> シワ治療 >> ヒアルロン酸注射の効果や副作用、効果期間を解説

治療方法(施術内容・治療について)

■ヒアルロン酸とは?

  • ヒアルロン酸は美肌には欠かせないムコ多糖類とよばれる栄養素の一種で、特に関節や眼球に多く皮フにも含まれ骨と骨の間の動きを滑らかにする潤滑作用や緩衝作用、皮フのみずみずしさやハリを保つ働きをしています。膝や肩に注射することによって痛みや炎症を抑えたりする効果もあります。
  • ヒアルロン酸は、ほうれい線目の下のたるみ涙袋といった目元のシワ取り、バストアップなどの美容面や関節炎ドライアイ治療の健康面など、さまざまな用途で利用されています。
  • 体内のヒアルロン酸量は20才を100%とすると、30才では65%、50才で45%、60才では25%と加齢とともに減少していきます。
  • 皮フの真皮層に含まれるヒアルロン酸は0.2%程度ですが、ヒアルロン酸が減少すると肌のすいぶんが失われ、ハリがなくなり乾燥肌やシミ、シワなどの原因になります。

[他の動画一覧]

[他の動画一覧]

■ヒアルロン酸の特徴

  • ヒアルロン酸は体内のいたるところに存在している保湿・弾力の働きを持つ成分で、わずか1gで6ℓもの水分を保持することできるほど保水力に優れています。
  • ヒアルロン酸は注入した後に体内の水分を吸収し膨らむことでシワの凸凹を滑らかにしてくれます。
  • 注入で使用されるほとんどのヒアルロン酸は細菌(グラム陽性球菌)を培養して作られ、アレルギー反応といった副作用を起こしにくいためテスト不要で当日注入が可能です。
  • 現在流通しているヒアルロン酸製剤は種類が多く、あらゆる部位や目的にも対応でき、シワはもちろんほうれい線、目の下のたるみ・くぼみ、ホホの凹みやアゴ、鼻、唇などのボリュームアップにも効果的です。
  • ヒアルロン酸は膨らむ性質があるのでコラーゲンのように盛り上がるくらいに注入すると凸凹が目立つことがあります。ヒアルロン酸の特性を活かし真皮層から皮下組織にかけて目的・濃度によって膨張率を計算しながら注入する量や深さをコントロールします。hiaruronsan.png
  • ヒアルロン酸は種類によって濃度・膨張率などが異なるため、皮フの厚さやシワの深さで適切なヒアルロン酸を選択し、ヒアルロン酸の種類によって、注入する深さを変えなくては、満足できる結果にはつながりません。
  • また、ヒアルロン酸は分解する注射があるため、仕上がりに満足できない場合は 「ヒアルロン酸分解酵素」 の注射を打てば数日で元に戻すことができるのも気軽に試せる理由のひとつです。          

ヒアルロン酸注射の効果

注入剤の種類や個人差によって効果期間は異なりますが、約1年前後の効果です。

アレルギーテストが必要ないといわれている副作用の少ない注入剤なので、誰にでも手軽にシワ治療を受けていただけます。

人に気づかれずにシワ治療をしたい人やほうれい線、目の下のたるみ、唇のような陥没部位などのボリュームアップをしたい方へのアンチエイジングとしてお勧めです。

注入剤の種類が多くあらゆるシワや凹みまで対応可能です。目の周囲はコラーゲンの方が良いとされていますが、低濃度のヒアルロン酸で代用することも可能です。

定期的に注入することでシワの進行を遅らせることができます。

症例写真はこちらにて掲載しております。

デメリット

ヒアルロン酸は注入剤の材質や個人差によって注入部位が暗紫色(黒っぽく)に見えたり、しこりのような違和感を感じることがあります。

ヒアルロン酸は濃度が高いほど効果の持続は長くなりますが、皮フの浅いところへ注入すると凸凹が目立ちキレイに仕上がりません。

皮フの真皮層に存在するヒアルロン酸は、コラーゲンの70%に対し0.2%しか含まれたないため、肌へなじむ感じがコラーゲンよりも劣ることがあります。

たるみが大きいと注入だけでは改善できないケースがあり、状態によっては脂肪注入やPRP注入が良い場合もあります。

征矢野が語るヒアルロン酸注入の極意

基本情報

施術時間

15分前後 ( 注入部位・範囲によります )

麻酔・麻酔方法

表面麻酔 or神経ブロック麻酔

通院日

注入/補正
(補正チェック期間を1ヵ月間設けております。部位請負制で治療されている方は、期間内は何回でも同部位への補正注入が再診料で受けられます)

通院回数・頻度

2~3回

抜糸

ありません

風呂

当日から入浴可能です

洗顔・化粧

当日から
( 注入後30分で化粧パウダーの使用が可能です。通常のメイクは3時間後に行えます )

ダウンタイム

注入後赤みのある針跡が数日続く場合がありますが、メイクで隠せる程度です。

稀に内出血が起きる場合もありますが、2週間程度で徐々に消えていきます。

保険適応

適応外

注意事項

注入部位を強くこすったり、マッサージを行ったりすると吸収が早まることがありますので、注入後のマッサージは数日間控えたほうが良いでしょう。

副作用としては、約3%の人がアレルギー反応を起こすため事前に皮内テストが必要です。

注入直後の針跡が気になるようであれば、お帰りの際にはマスク、メガネの着用をお勧めします。

注入した部位はなるべく直射日光を避けて、日焼け止めをご使用ください。

料金を見る

よくある質問

値段の安いヒアルロン酸注射は失敗するのではないかと心配です

ヒアルロン酸注射を行う際には、ご自身が納得するまで担当医師と相談を行ってから始めてください。
値段が安いという事は、大量の患者様をスピーディに施術しなければならない事が多いので、経験豊富な信頼のおける医師のもとでヒアルロン酸注射を行う事をおすすめいたします。

ヒアルロンを注入後、どのくらいの期間効果が持続しますか?

ヒアルロン酸製剤も低架橋から高架橋も製剤があります。低架橋は1、2カ月程度ですが、高架橋は1年以上持続することがあります。治療部位や治療目的による使い分けが必要なので、すべての部位に高架橋のものが使用できる訳ではありません。

ヒアルロン注入にかかる施術時間はどのくらいですか?

通常10分から15分程度です。麻酔クリームを塗らないことが多いので、短時間に終わることがあります。

ヒアルロン注入はどのくらいの頻度で何回行えばいいですか?

効果がおちてきたと感じるときに再度治療をうけます。上記の持続期間程度の間隔で行います。短ければ数カ月で長いと1年以上の間隔になります。

ヒアルロン注入後における注意点はなんですか?

注入後に若干膨らむ傾向がありますので、1週から4週程度膨らんだ感じをうけることがあります。ヒアルロン酸製剤は架橋といってヒアルロン酸分子の間にしっかりした橋渡し構造を入れてつくります。同じメーカーの製品でも、持続期間が異なる製剤を用意してあります。使用する目的により使い分けをします。形をはっきりさせたいときは高架橋を用い、薄めの皮膚には低架橋のものを使用します。
万が一凹凸が治らないときは、ヒアルロン酸分解酵素という、ヒアルロン酸を取り除くこともできますので、元に戻せます。

ヒアルロン注射の痛みが怖いのですが、どのようなケアを行っていますか?

麻酔クリームを事前に30分程度塗るだけで、痛みが減少します。部位にもよりますが、真皮の下層の脂肪組織は全く痛みを感じないこともあります。また通常カニューレという先が丸くなっている長い針を用いますので、あまり痛みを感じないことが多いです。

ヒアルロン酸注射は痛いですか

痛みに弱い方には表面麻酔を行っています。
表面麻酔はクリーム状の塗るタイプと貼るタイプがあり、注入する30分前からつけておくとほとんど痛みが軽減され、楽に治療を受けることができます。また、施術中「痛い」と感じられた際は、すぐに医師にお伝えください。

ヒアルロン酸注入とコラーゲン注入の違いはなんですか?

ヒアルロン酸は持ち上げ効果が大きいので、頬やコメカミの陥凹や隆鼻や隆顎に効果的です。細かい皺には凹凸ができて膨らみなどが目立つことがあります。また皺に効果が小さい場合があります。法令線や口角、頬のくぼみなどがよい適応になります。

コラーゲンよりヒアルロン酸のほうが長持ちするってホントですか。

吸収の早いヒアルロン酸より、長持ちするコラーゲンもありますので、一概にヒアルロン酸が長持ちするとは限りません。どちらの注入剤にも共通して言えることは長持ちする注入剤ほど感触が硬かったり、凸凹が目立ちやすいなど仕上がりがキレイではありません。シワの深さや皮フの厚さに合わせて、それぞれの特性を活かした注入剤を選択することが重要です。

永久的に効果が続くヒアルロン酸があると聞きましたがホントですか。

「永久的な効果」とうたわれている注入剤は「非吸収性注入剤」といわれ、名前の通り吸収されず体内に留まり続ける異物を含んだ注入剤です。注入剤に含まれている異物は一度注入してしまうと分解吸収されないため、打ち続けるという必要はありませんが、と元に戻すことができず除去することが難しとされています。場合によっては体内に悪影響を及ぼすことも考えられます。当院では安全性の面から、このような非吸収性の注入剤は取り扱っておりません。

ヒアルロン酸とコラーゲンはどう違うのですか。

ウシコラーゲンもヒアルロン酸も同じ吸収性の注入剤ですが、それぞれ異なる特性があります。
ウシコラーゲンは皮内テストをクリアするまでに4週間の経過観察が必要ですが、自然で違和感のない仕上がりです。それに比べて、ヒアルロン酸はテストいらずで当日注入ができる反面、感触や色味に違和感を感じる場合があります。どちらもメリット、デメリットがあるので上手く使い分けることがベストでしょう。

妊娠中にシワの注入治療を受けられますか

妊娠中、授乳中時の治療はコラーゲンのほかヒアルロン酸、ボトックス全てにおいて治療の安全性が試験により確認されていないため、その期間は避けて治療を受けられることをお勧めします。

治療内容
治療内容
Dr.征矢野のコラーゲン注入の特徴

コラーゲン、ヒアルロン酸、ボトックスの注入療法研究所

第37回 日本美容外科学会
盛会裡の内に終了した
日本美容外科学会の様子を公開中 院長紹介

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医
日本美容医療協会適性認定医
麻酔科標榜医
医学博士

詳しくはこちら

地図・アクセス

詳しくはこちら

モニター募集 院長講演

神田美容外科形成外科医院

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2丁目7−2 後藤ビル 7F

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診:日曜・祝祭日 ■院長:征矢野進一

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ