ホーム >> 診療内容 >> シミ治療一覧
シミ治療

■治療方法

  • シミは紫外線や加齢、遺伝やホルモンバランスの崩れ、病的要因や皮膚への刺激によるものなど様々な原因で発症します。
  • 市販でシミを消すための化粧品やサプリメントなどがありますが、薬効の成分濃度が低いためシミが薄くなるまでに時間がかかったり、あまり効果を実感できない方が多いようです。
  • シミと一口に言っても小さいものや大きいもの、色の薄いものや濃いものなどさまざまな種類があり、その症状によって治療方法が異なります。
  • シミの治療は正しい診断を受け、そのシミに合った適切な治療を行うことが必要です。
  • 当院では削皮・電気乾固・レーザー・外用薬など症状に合った治療を行っております。

【 シミの種類 】

★ 肝斑 ★

  • 頬や額、鼻の下など左右対称にみられる薄茶色のシミです。
  • 主に30~40代の女性に多くみられ女性ホルモンが関係しているといわれています。

   治療方法  【 外用薬治療・オバジニューダーム 】

 

★ 炎症性色素沈着 ★

  • 化粧のかぶれ、やけど、にきび、アトピー性皮膚炎など皮膚に炎症が起きた後にできるシミです。
  • 刺激や活性酸素によって色素細胞が刺激を受け、大量のメラニンを生成します。
  • そのメラニンが排出されずに細胞内に沈着してできるシミが炎症性色素沈着です。

   治療方法  【 レーザー治療・外用薬治療・オバジニューダーム 】

 

★ 老人性色素沈着 ★

  • 紫外線を多く浴びたことが原因でできる平らで境目がハッキリしているシミです。数ミリ程度の小さいものから、数種類のシミが重なり数センチになることがあります。
  • 若い頃から長時間日焼けをした人ほど出やすく、加齢とともに増加し早い人では20代で症状が現れることもあります。
  • シミの中では一番多いケースのひとつで、顔・腕・手などの露出部に薄茶色~こげ茶色のシミが出現します。

   治療方法  【 レーザー治療・削皮・外用薬治療・オバジニューダーム 】

 

★ 脂漏性角化症 ★

  • 老人性のシミともいわれ中年から高齢者によく見られ、老化の進行によって現れる良性の腫瘍の一種です。
  • 原因は老化によるものだけではなく、遺伝的要因もあります。
  • 主に顔・前胸部・頭部・背部に発症し、大きさが数ミリから数センチになるものもあり、こげ茶色~黒色で少し盛り上がりがあります。

   治療方法  【 レーザー治療・削皮・電気乾固 】

 

★ 雀卵斑 ★

  • そばかすといわれるシミで鼻から頬にかけて薄茶色の小さな斑点散らばるように現れます。
  • 遺伝的なものがほとんどで、幼少期頃から発症し肌の白い人に多くみられます。
  • 紫外線の影響を受けると色が濃くなり、数も増えてきます。

   治療方法  【 レーザー治療・外用薬治療・オバジニューダーム 】

 

★ 花弁状色素斑 ★

  • 海水浴などで強い紫外線を繰り返し浴びてしまった肌にできやすく、両肩から背中の上部にかけて花びらのような形をした、こげ茶色シミが花弁状色素斑です。
  • 紫外線の影響を受けてから1~3か月ほど時間が経ってから発症します。

   治療方法  【 レーザー治療・外用薬治療 】

シミ治療 外用薬(トレチノイン・ハイドロキノン)

外用薬で行うシミの治療は、トレチノインとハイドロキノンという薬剤を使った治療になります。 2種類の薬剤を塗ったシミの部分は、赤くなり古い角質が剥脱して徐々にシミが薄くなります。 ・・・

シミ治療 オバジ・ニューダーム

肌の正常な細胞機能を取り戻すことで肌の再生サイクルを改善し、ダメージに負けない健康な肌を取り戻す目的として「シミ」「くすみ」「小じわ」「ニキビ」など、あらゆる肌トラブルを改善します。 ・・・

シミ治療 レーザー

当院ではQスイッチYAGレーザーを使用して治療を行っております。 QスイッチYAGレーザーは532nmと1064nmの2つの波長を使い分けることができ、浅い層から深い層にまで存在する・・・

シミ治療 削皮・電気乾固

【削皮】 削皮はアブレージョンといって高速回転する専用機械を使い、皮膚の表面を1ミリの数分の一ほどの薄さで皮膚を削る方法です。 シミの深さに合わせ医師が手動で削るため微細なコントロ・・・

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ